マイナンバー制度

マイナンバー通知カードについて

通知カードとは

 住民の皆様、おひとりおひとりに個人番号を通知するものです。
 平成27年10月5日現在の住民登録地(平成27年10月2日業務終了までに届出された情報)へ、住民票の世帯主様宛に、ひとつの封筒にまとめられた世帯全員分の通知カードが送付されました。
 それ以降に出生、海外からの転入などにより、新たにマイナンバーが住民票に記載された方についても、随時送付されています。

通知カードを受け取りできなかったとき

 配送されなかった通知カードは役場へ返戻されてきます。まだ受け取りできていない方は、なるべく早く受け取りにお越しください。

■持参するもの
<本人または同一世帯の方がお越しになる場合>
・本人確認書類(*)
・印鑑(認印可、自署の場合は不要)

<代理人がお越しになる場合>
・本人及び代理人それぞれの本人確認書類(*)
・法定代理人の場合は、法定代理人であることを証する書類(戸籍謄本、登記事項証明書等。多可町に本籍を有する場合、または本人と法定代理人が同一世帯で親子関係が確認できる場合は不要)
・任意代理人の場合は委任状(本人または同一世帯の方がすべて記入してください。疾病等の理由で記入が難しい場合は、窓口へお越しになる代理人以外の方が代筆し、代筆者の住所・氏名を記入し、押印してください。)
・本人の意思確認ができない場合は、確約書(疾病、その他の理由で本人の意思確認ができない場合にご記入ください。この場合は委任状は不要です。)
・代理人の印鑑(認印可、自署の場合は不要)


■引渡場所
多可町役場 住民課(中区本庁)

通知カードの再交付について

 通知カードを紛失したとき、破損や焼失等により使用できなくなったときは、再交付の申請が可能です。自宅外で紛失された場合は、最寄りの警察署へ遺失届をご提出ください。(役場で申請受付する際に、遺失届の管理(受理)番号をお伺いします)
 なお、通知カードは再交付であっても即日発行されません。2週間~1か月後に住民登録地へ簡易書留(転送不要)郵便で送付されます。すぐにマイナンバーを確認されたい場合は、マイナンバーが記載された住民票の写しを取得されることをおすすめしています。

■再交付申請の方法
<申請ができる人>
本人または代理人(法定代理人※、任意代理人)
※法定代理人とは、未成年の子どもの親権者、成年後見人など

<申請に必要なもの>
①本人または法定代理人がお越しになる場合
・通知カード再交付申請書
・本人確認書類(*)
・法定代理人の場合は、法定代理人であることを証する書類(戸籍謄本、登記事項証明書。多可町に本籍を有する場合、または本人と法定代理人が同一世帯で親子関係の確認ができる場合は不要)
・警察署の遺失届管理(受理)番号(自宅外で紛失されたとき)
・旧マイナンバー通知カード(紛失、焼失の場合を除く)
・印鑑(認印可、自署の場合は不要)

②任意代理人がお越しになる場合
・通知カード再交付申請書
・本人及び任意代理人それぞれの本人確認書類(コピー不可)(*)
・委任状
・警察署の遺失届管理(受理)番号(自宅外で紛失されたとき)
・旧マイナンバー通知カード(紛失、焼失の場合を除く)
・印鑑(認印可、自署の場合は不要)

<再交付手数料>
お一人につき500円(申請受付の際にお預かりします)
 

本人確認書類について

次のいずれかのものをご持参ください。
 《1点で確認できるもの》
運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、パスポート、身体障害者手帳 、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳 など
《2点で確認するもの》
※氏名及び住所または生年月日が記載されたものが必要です。
健康保険証、年金手帳、年金証書、後期高齢者医療受給者証、介護保険被保険者証、福祉医療証、学生証、社員証、預金通帳、生活保護受給者証 など


■問合先 
住民課 TEL:0795(32)2383