農業委員会

空き家付農地制度

多可町で農ある暮らしをはじめませんか?

はじめに

 田舎への移住をきっかけに新たに農業を始めたいという声をよくお聞きしますが、新たに就農する場合には一定以上の農地の取得が必要になることをご存知ですか?

 家庭菜園程度の小規模な農地を取得して、農業を始めたいと思っても農地法の規制により新たに農業を始めることが出来ない場合があります。
 多可町では農地を取得する場合、その耕作面積が3,000㎡以上にならなければ農地を取得することができません。

 多可町農業委員会は、新規就農の促進や遊休農地の解消を目的とし、平成31年4月1日より、空き家バンク制度に登録された空き家とともに付随した農地を取得する場合に限り、1㎡以上から農地を取得できるように下限面積を緩和しました。
 下限面積を1㎡とすることができる農地は、次の条件を満たす農地で、申請により農業委員会の指定を受ける必要があります。
 ・付随する空き家が「多可町空き家等情報バンク」に登録されていること。
 ・「遊休農地」または「遊休化が確実と見込まれる農地」であること。
 ・空き家の場所から無理なく耕作できる範囲であること。

※下限面積(別段面積)とは、耕作目的で農地の売買・貸し借りをする場合に、譲受人又は借受人に必要な農地取得後の耕作面積をいう。
 

手続き内容

 申請書類に必要事項を記入の上、多可町農業委員会(産業振興課内)に提出してください。

手続きの流れ

1 「空き家に付随した農地指定申請書(様式1号)」「空き家バンクに登録されていることの確認書」を農業委員会に提出(農地所有者・毎月末日締切) 
    ⇓                
2 農業委員会において適用となる農地か審議し、告示(提出した翌月の20日以降)
    ⇓                
3 農地所有者へ審査結果を通知
    ⇓ 
4 「農地法第3条の許可申請書」「取得農地を5年以上継続して耕作する旨の誓約書」を農業委員会に提出(農地所有者、農地取得希望者・翌月末日締切)
    ⇓          
5 農業委員会で審議し、許可書発行(翌々月20日以降)

 

お問合せ先

多可町農業委員会 (産業振興課内)TEL0795-32-2388