教育委員会

多可町いじめ調査委員会の調査報告書の公表について

多可町いじめ調査委員会の調査報告書の公表について

 平成29年5月に町立小学校に在籍する当時5年生の児童が自ら命を絶つという重大事態が発生し、多可町教育委員会はいじめ防止対策推進法に基づき平成29年7月に多可町いじめ問題対策委員会(以下「対策委員会」という。)を設置し、対策委員会より平成30年6月に答申をいただきました。
 答申後、当該児童の保護者から再調査の申し出があり、平成30年11月に多可町いじめ調査委員会(以下「調査委員会」という。)を設置し、再調査を行いました。
 平成31年3月に調査委員会から町に対し「いじめが自死の最大の要因」との調査結果の答申をいただきました。
 多可町・多可町教育委員会としては、この答申の結果を大変重く受け止め心から深くお詫び申し上げます。また、調査報告書の内容を真摯に受け止め、今後このような重大事態の再発防止に取り組んでまいります。
 つきましては、再発防止の取り組みとして、調査委員会の調査報告書を公表いたします。
 なお、調査報告書の黒塗り部分は、プライバシー保護等のための必要な配慮を施したものになりますので、ご理解をお願いいたします。
多可町・多可町教育委員会
多可町いじめ調査委員会の調査報告書(平成31年3月31日)〈PDF形式〉

※当データの転用・転載を禁止します。

■本件に関するお問い合わせ
多可町総務課     
 電話:0795-32-2382