結婚支援

令和3年度 多可町結婚新生活支援事業

多可町で新婚生活を始めませんか?
多可町では、婚姻を機に多可町で新生活を始める新婚世帯に対して、新居にかかる費用の一部を助成します。

【補助の対象をなる世帯】
 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された夫婦のうち、次の要件を満たしている世帯。

 1.夫婦の総所得が合計400万円未満であること。
 2.補助金申請日において夫婦の双方、または一方の住所が新居の住所となっていること。
 3.婚姻日において夫婦のいずれの年齢も39歳以下であること。
 4.多可町に定住する意思をもち、5年以上の居住を誓約した世帯。
 5.夫婦のいずれもが町税などを滞納していないこと。
 6.その他の公的制度による住居費、引越費用または家賃等の補助を受けていない世帯。

【補助金の額】
 新婚生活にかかる費用のうち、新居の住居費及び引越費用の合計額
 上限30万円

 1.新居の住居費…新居の購入費
          新居の家賃(1か月分)、敷金、礼金、共益費、仲介手数料

 2.新居への引越費用…引越業者や運送業者に支払った引越費用 

【必要書類】
 補助金の交付を受けるためには、多可町結婚新生活支援事業補助金申請書(様式第1号)に次にあげる書類またはその写しを添付して、令和4年3月31日までに定住推進課まで提出してください。

 1.住民票の写し及び婚姻後の戸籍謄本または婚姻届受理証明書等
 2.所得証明書
 3.納税証明書または完納証明書等
 4.住宅手当支給証明書(様式第2号)…住居費における賃借の場合に限ります
 5.貸与型奨学金の返済額がわかる書類…貸与型奨学金を返済している場合に限ります
 6.物件の売買契約書及び領収書の写し…住居費における購入の場合に限ります
 7.物件の賃貸借契約書及び領収書の写し…住居費における賃貸の場合に限ります
 8.引越費用に係る領収書の写し…引越費用の補助金交付を申請する場合に限ります
 9.離職票の写し…婚姻を機に離職し、離職票の交付を受けた場合に限ります
10.多可町結婚新生活支援事業補助金に係る誓約書(様式第3号)
11.前各号に揚げるもののほか、町長が必要と認める書類

◇予算の上限に達した場合、受付を終了させていただきます。
◇詳しくは定住推進課(0795-32-4776)までお気軽にお問い合わせください。