農業

【重要】高収益作物次期作支援交付金の運用見直しについて

【重要】高収益作物次期作支援交付金について(令和2年10月12日付け運用見直し)

【農林水産省HP 高収益作物次期策支援交付金】https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html

本交付金は国の交付金であり、要綱・要領等の改正により交付金の内容や交付要件が変更となる場合があります。

新型コロナウイルスの影響を受けた生産者を支援するという本事業の趣旨から、国による全面的な事業運用の見直しが発表されました。※全国一律の見直しです。
農水省は当初、交付金の対象者を「今年2~4月に野菜、花き、果樹、茶の出荷実績があるか、廃棄して出荷できなかった農家」とし、減収額の確認などはせずに募集をしてきました。
しかし、10月12日に運用の見直しが発表され、品目ごとの減収額や作付面積などを追加で申告するよう求められています。今回の運用見直しはすでに交付金申請書を提出された方にも適用されます。今後追加の手続きが必要になる場合は、県主催の担当者説明会の内容を確認した後にご案内いたします。