新着情報

杉原紙事始め講座 講座生募集

杉原紙は、平安時代に多可町加美区の杉原谷地区で生み出された手漉き和紙です。その後、貴族や武家、大寺院など、
 幅広い層に愛用され、全国に普及し、日本の書写文化、紙文化の発展に大きな影響を与える紙となりました。
 その技術や文化は、現在も杉原紙研究所で保存・継承されています。
 この機会に、日本の誇る伝統文化、『杉原紙技術』を体感してみませんか!!

【締 切】令和元年7 月30 日(火)
・御希望のコースを下記の申込票にご記入いただきお申し込みください。
・なお、受講料は各コースの第1 回目の受付時にお持ちください。(欠席等による払い戻しはいたしません)

詳細は募集チラシをご覧ください