新着情報

【ファミリー・サポート・センター】空いている時間を使って、子育てのお手伝いをしませんか?

令和2年4月1日から「ファミリー・サポート・センターたか」がスタートします。
それに先立ち、1月6日(月)から「まかせて会員(子育ての援助をしていただける人)」を
募集しています。どうぞお気軽にお問合せください。

【制度の概要】
ファミリー・サポート・センターは、子育ての援助をしていただける人と子育ての援助を受けたい人を繋いで
地域の子育てをみんなで助け合う「有償のボランティア組織」です。
兵庫県でも、既に30市町で広く実施されており、年間7万件を超える利用実績が
あります。

ファミリー・サポート・センターは会員制です。
利用したい人は、まず会員登録を行ってください。《登録料・年会費無料》
【会員の種類】
(まかせて会員)子育てのお手伝いが「できる」人のこと。
対象:町内在住の20歳以上の人で、指定の講習会を修了した人(保育士資格等不要)

(おねがい会員)子育てのお手伝いを「してほしい」人のこと。
対象:町内在住で、生後6ヶ月~小学校6年生までのお子さんの保護者

(どっちも会員)
おねがい会員とまかせて会員の両方を兼ねた人のこと。

【利用料金】
 
月~金曜日 午前7時~午後7時 300円/30分
上記以外の時間 400円/30分
土・日曜日
祝日・年末年始
上記料金に30分ごと100円加算

【活動のイメージ】
 



【こんなときに利用できます】
・こども園や小学校などの開始前や終了後の預かり
・こども園や小学校などへの送迎
・冠婚葬祭や行事の際の預かり
・保護者の通院や外出時の預かり など

【募集内容】
1月6日(月)より、ファミリー・サポート・センターの中で、子育ての援助をしていただける人
(まかせて会員)の募集をはじめています。この事業は、まかせて会員さんがいなければ
行うことができません。下記の募集要項をお読みいただき、少しでも興味がある方は、ぜひ
お問合せください。
※援助を受けたい側の「おねがい会員」の募集は4月以降に行います。

(条件)
・町内に住所を有する20歳以上の人
・子育てに理解と意欲がある人(保育士等の資格は不要です。)
・指定の講習を修了した人

(活動内容)
・会員のお子さんを、自宅等で「預かる」こと
・会員のお子さんを、園や学校等に「送迎する」こと

(活動時間)
・朝7時~夜9時の間で、活動可能な時間

※登録時に、活動ができる曜日・時間帯や預かり可能な子どもの年齢、援助できる活動内容等を
詳しくお聞きします。ボランティアですので、「できる時間」に「できること」だけを無理なく行って
いただけます。
例えば、こんな人でも大歓迎です!
・平日の昼間だけなら預かれます。
・自宅では預かれませんが、子育てふれあいセンターでならOKです。
・車の送迎はできませんが、徒歩でよければ可能です。
・小さい子は預かれませんが、小学生以上なら可能です。
など

(こんな人はぜひ!)
・子どもと関わるのが楽しい
・地域の子育てを応援したい
・子育てがひと段落して、少し余裕ができた など

(会員になるには)
まかせて会員になるには、指定の講習を受けることが必要です。まずは講習会にお申込ください。
《申込先:健康課 32-5121》

(講習会について)
講習会は、3月上旬~中旬頃に行う予定です。詳細は、申込者に後日ご連絡します。講習会では、
大切なお子さんをお預かりするための知識をつけるため、次のようなことを各分野の資格を持った
講師から学びます。
 
内容 講師
安全・事故、子どもの世話 看護師・保健師等
保育の心、援助活動を行うために アドバイザー
小学生の特性と関わり
心の発達と保育者の関わり
障害のある子の預かりについて
学校心理士等
救命救急講習 消防署職員等
※「アドバイザー」とは、ファミリー・サポート・センターの運営全般を行う専任職員のことです。

先行市町では、多くのまかせて会員さんが楽しく活動をされています!ぜひあなたもこの活動の
輪に参加してください!

【参考】
■広報たか1月号(ファミリー・サポート・センター特集)   PDF
■ファミリー・サポート・センターたか告知チラシ   PDF
■ファミリー・サポート・センターに関するQ&A集 (簡易版)  PDF                             
                          (詳細版)  PDF
【問合せ先】
健康課 TEL 32-5121