防災情報

避難情報に【警戒レベル】を付けて発令します

平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府)が改定されました。
このガイドラインを踏まえ、避難勧告等の避難情報を発令するときは、避難のタイミングをわかりやすくするため【警戒レベル】を付けて発令します。

たとえば、避難勧告を発令する場合は、「警戒レベル4、避難開始」「○○地域に警戒レベル4、避難勧告を発令しました。」というようになります。

警戒レベルに関するチラシ(内閣府ホームページより)

警戒レベルとは
警戒レベルは5段階に分かれています。

【警戒レベル3】では「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されます。
避難に時間を要する人とその支援者は避難しましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

【警戒レベル4】では「避難勧告」や「避難指示(緊急)」が発令されます。
速やかに避難先へ避難しましょう。避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

災害発生情報とは
【警戒レベル5】災害発生情報は、すでに災害が発生している状況です。
警戒レベル5が発令される前に避難を完了してください。