〒679-1107 兵庫県多可郡多可町中区奥中588
TEL:0795-32-0009 FAX:0795-32-4317

PTA広報誌「あるぺじお丘山」の名の由来

2019/04/01

 「あるぺじお丘山」の名の由来は昭和62年に遡ります。当時の校長先生やPTA会長らの発案でPTA広報誌に命名されました。
 「アルペジオ」とは分散発音のことです。左手のコードは和音のコードをしっかり抑え動かさないようにして右手の親指、ひと指し指、中指などで一つずつ引いて奏でる音をいうと解説してあります。ギターなどの演奏でジャーンという音ではなく、どちらかというとボロロンという音のことのようです。
 当時の「あるぺじお丘山」と名付けた方々は、この親指やひと指し指、そして中指を保護者、地域、学校に例えられたのだろうと憶測するのです。保護者と地域、そして学校の教師がそれぞれの音を奏でるからこそ、快く響くのでしょう。
 ちなみに「丘山」とは中学校の後方の小さな山のことを言います。
 
このページのトップへ戻る