679-1202 兵庫県多可郡多可町加美区熊野部835
TEL:0795-35-0001 FAX:0795-35-0112

PTA「給食試食会」を実施

2019年06月24日

HPの掲載が遅くなっていて申しわけありません。
今日は、6月7日(金)の「給食試食会」の様子について紹介させていただきます。

6月7日(金)、多可町給食センターより栄養教諭の方にお世話になり、「PTA給食試食会」を実施しました。この取組は今年度で3年目となります。
さて、12時よりお集まりいただいた「給食試食会」のプログラムは次の通りです。

1 始めのあいさつ(①PTA会長 ②松井小学校教頭 ※校長は自然学校で出張)
◆給食試食会は、食器の数の関係から、5年生自然学校に行っている間に行っています。

2 給食準備
◆ご参加いただいた皆様が、すべて準備をしてくださっています。ありがとうございます。

3 試食(準備でき次第 ~12:40)
◆この日のメニューは「コッペパン・エリンギスープ・白身魚のマリネ・切り干し大根サラダ・牛乳」でした。もちろんおいしかったです。マリネの玉ねぎは、杉原谷小学校の3年生がむいてくれたのだそうです。本校では、6月13日(木)に、3年生が、何と「100Kgの玉ねぎの皮むき」を行ってくれました。(翌日のオニオンスープに出されました)
◆「給食試食会」では「パンを食べてみたい」と言う保護者の方が多いのだそうです。給食のパンの味が懐かしいから …?。この日はパンがいくつか残ってしまい、「もったいない」ということで、ご参加いただいた○○様が、「パン3つ」と「牛乳2パック」ペロリ。すごっ!

4 給食参観(12:40~12:55)
◆あと片付けをしていただいたあと、子どもたちの給食参観に出発。子どもたちは突然のお客様にも笑顔で対応。さすがです。手を振ったり話しかけたりする子もいます。授業中ではありませんので、とてもリラックスしています。「おいしいですか?」―「おいしいで~す。」

【ここで教頭先生から児童に質問】
(1)2年生:「好きな食べ物と苦手な食べ物はとでは、どちらを先に食べますか」
→ 「苦手な食べ物」と答えた児童が圧倒的に多かったです。
(2)6年生:「好きな給食メニューはなんですか」
→ 多くの児童が「カレー」と答えました。「それでは第2位何ですか。」と聞いたところ、「黄金パン(揚げパン)」という答えが返ってきました。ちなみに「黄金パン(揚げパン)」は、この試食会を開始した年の意見交換の場で出された保護者の方の意見をもとに、「給食メニュー」に復活したもの。今では子どもたちの人気メニューのひとつです。また、現在のパンは柔らかいため、「黄金パン(揚げパン)」の唯一の欠点である「食べにくさ」もそれほどではありません。

5 栄養教諭の説明と質疑(12:55~13:30)
(1)学校給食は、明治時代半ば、貧困による栄養不足補給が目的で始まった。現在では食育などの「教育的な7つの目標」を掲げ、子どもたちの健康づくりに充実した内容となっている。
(2)1日に必要な栄養の3分の1が摂れるようにしている。ただし日本人は、カルシウム、マグネシウムが摂りにくいため、それについては2分の1摂れるようにしている。
(3)ご飯は多可町産コシヒカリを使用(月・水・木)。パンは無添加のものを使用(火・金)
(4)多可町給食センターでは、ご飯をセンターで炊いている。それにより、様々なご飯の献立を提供することができる。他の地域の給食センターの多くは、でき上がったご飯を買っている。
(5)赤(血となり肉となる)/黄(力や熱となる)/緑(体の調子を整える)の栄養バランスを考えて献立を作成している。 ※赤・黄・緑は食材の色を表すものではありません。
(6)だしは手作りを基本とし、地元の食材をできるだけ使用している。
(7)健康のため、薄味でおいしい食事に心がけている。小学生の頃に薄味のおいしさを感じられるようになることが、大きく鳴ってからの健康維持にとって大切である。
(8)下処理のとき、野菜等は3回、それぞれ違う人が洗っている。

6 終わりのあいさつ(PTA副会長)

とても充実した取組となっているこの「給食試食会」。ご参加いただいたことのない方は、ぜひ一度、「昔、懐かしい給食」を求めて参加されてみてはいかがでしょうか。お世話になったPTA役員・保護者の皆様、給食センター・栄養教諭の皆様、ありがとうございました。

  • 準備はすべて保護者の皆様で

  • おいしい給食試食中 先生は説明の準備中

  • 後片付けまで すみません (._.) ペコリ

  • 子どもたちの給食の様子を見学

PTA「給食試食会」 写真続き

2019年06月24日

  • いらっしゃ~い 子どもたちは大歓迎♡

  • 栄養教諭の先生から 給食について説明

オォ~!\(◎o◎)/ 2つの巨大アート(1年 & 6年)が出現!!

2019年06月20日

HPの掲載が遅くなっていて申しわけありません。
今日は、最近の話題を紹介させていただきます。

~ 1年 図工「チョークでお絵描き」~

「ムム! 1年生たち、授業中だというのにチョークを持ってどこで絵を描いているんだ!? でも … ちょっとステキじゃないか」… 上から見下ろしてみると、まさに「巨大アート」。北校舎裏のアスファルト面に、「夢の国」が出現しました。しばらく眺めていたい気分です。 実はこれ6月19日(水)の3校時、1年生が北館裏の道に、お花やお魚、列車等々、思い思いの絵を大きく大胆に描いてでき上がった図工の授業での作品。1年生にとって、一度使ってみたかったというチョーク。この日は、そのチョークを思いっきり使ってお絵描きを楽しみました。普通に画用紙に描く絵とは違って、描く面積が果てしない。絵のバランスも難しい。でも、何となく芸術家になったような気分で、「どんな絵を描こうかなぁ」と頭の中で構想を立て、いざ描き始めると、自分が描いた画像からさらにイメージが広がって次の構想が浮かんでくる … 一人でじっくりと描く子、友だちと一緒に描く子 等々、描き方は様々ですが、みんなそれぞれのやり方で絵を描いていうちに、アスファルトのキャンバスは、素敵な絵でいっぱいになりました。

なお、この巨大アート「夢の国」は、雨風等の自然現象にによって消滅しない限り、永久に北校舎裏に残されます。いつでも無料でご覧いただけますので、ぜひご来校ください。

~ 6年「奈良の大仏様 実物大サイズ描写」~

今年度の京都・奈良への修学旅行は、11月10日(日)・11日(月)の予定ですが、その際子どもたちは、日本が世界に誇るたくさん文化遺産を見学してきます。全部楽しみなのはもちろんですが、中でも、特に楽しみにしていることの一つが「奈良の大仏様」にお目見えすることでしょう。「とにかく大きい」というだけで「へぇ~」という感じ。そこで、11月まで待ちきれない6年生たちは、「一体、『奈良の大仏様』ってどれくらい大きいの?」を実体験するために6月20日(水)、「大仏様の実物大サイズを運動場に描いちゃおう」活動を行ってしまいました。折りしも、前日の6月19日(火)には、1年生たちの手によって、北校舎裏に「巨大アート『夢の国』」が登場したばかりですが、この日の6年生は、何と運動場に堂々と「巨大アート『奈良の大仏様』」を作成してしまったのです。もちろん、そのためには事前に大仏様のいろんな部分のサイズを知っておく必要がありますが、そのサイズって …

像高(人でいうと座高)14.98m 蓮華座高(下部の蓮華の高さ)3.04~3.05m
髪の毛部分 2.57m 頭頂~顎 6.70m 顔幅 3.20m 耳長 … 目幅 … 口幅 等々

6年生たちは大はしゃぎしながら、動き回って大仏様を完成。こんな活動は大得意です(^_^)。
「めっちゃ楽しかったです。でっかい! つぶつぶの髪の毛が難しかったです。」等々、完成後の感想も興奮気味の6年生たち。修学旅行で大仏様を見学するのが、一層楽しみになりました。
【お願い】下級生のみなさん、外で遊ぶときには大仏様をいたわって …

1年 巨大アート 「夢の国」

2019年06月20日

  • お花やお魚 それから ええとぉ…

  • アスファルトって描きにくいね そだね

  • ここ青にするね じゃこっち黄色 そだね

  • 「夢の国」色あざやかに完成です(^▽^)

6年 巨大アート 「奈良の大仏」

2019年06月20日

  • みんなで協力 手分けして

  • 大仏様を描いていきます

  • できたよねぇ でかいよねぇ すご~い

  • 奈良の大仏様に ジャ~ンプ\(^O^)/

もっと見る

このページのトップへ戻る