679-1202 兵庫県多可郡多可町加美区熊野部835
TEL:0795-35-0001 FAX:0795-35-0112

6年「学習発表集会」&「芸術鑑賞会」

2019年11月26日

11月26日(火)は、6年生にとって大変忙しい日となりました。朝の8時15分より「学年発表集会」、午後13時45分から開始した「芸術鑑賞会」には役者さんとして参加。また4校時はそのためのリハーサルがありました。今日はその中の、6年生の「学年発表集会」と「芸術鑑賞会」についてご紹介します。6年生たち、どちらも大活躍でした。

  • 6年「学年発表集会」後の写真

  • 「芸術鑑賞会」演劇「このゆびとーまれ」

6年「学年発表集会(修学旅行)」

2019年11月26日

8時10分過ぎ、体育館に行ってみると、6年生が発表場面の最後の部分を練習しているところでした。みんなきちんとした態度で、真剣な表情をしています。それを見ただけで「これは間違いなくいい発表をしてくれるぞ。」と確信することができました。

体育館のドアが開かれて、保護者の皆様、他学年の児童たちがぞくぞくと体育館へ。6年生たちの表情を見ると、ますます気合いが入っています。担任の先生が前に立たれました。「6年生たちは『わかりやすく伝えるようにしよう』ということを目標に練習してきました。面白いところは笑って、聞くところは静かに聞いてもらえたら嬉しいです。」
了解しました。しっかり聞いて笑わせてもらうことにします。「今から、6年生の学年発表集会を始めます。」いい声が出ています。「修学旅行では『1人でも楽しく、みんなでも楽しく』というルールを守って …」その通りです。みんながそのルールを意識して2拍3日間、過ごしてきました。班での発表前に、まずはみんなで修学旅行全体の流れを説明。大きな声でハキハキと言えていて、とてもわかりやすい説明となっています。いよいよ班での発表となりました。

【英語活動】
2人が登場。「なぁなぁS君、どうでもええ話ねんけどなぁ。こんなん買ってん。」とサングラスに注目させるK君。サングラス姿にいきなりみんな大爆笑。そこへ外国人が反対側からやってきます。「Excuse me?」 ところがこの人たち、まったく反応なし。「無視された。」 ここでまたまた大爆笑。 「無視された。」の言葉のタイミングが絶妙でした。再び外国人が登場。果敢に話しかけます。「Hello.」「Can we take a picture together?」-「OK」と今度は大成功。こういった英語の部分にも楽しい工夫があり、「一時停止」や「前へ」のマークを提示して、劇を止めたり流したりしながら「日本語訳」がつけられていました。「Than you」「Good by」。
◆ここで一句 「外人は 優しい人が いっぱいだ」

【奈良の大仏】
「うわ~、すごいなぁ。何mだ?」 ここは東大寺の大仏殿。みんな、早くもクスクスと笑っています。「何を笑っているのかな?」… と舞台の向かって左側を見ると、椅子に座って奈良の大仏様になりきったY君が。ここで大仏様(Y君)よりクイズが出題されます。
【クイズ】「僕の大きさは何mでしょう?」- ①15m ②17m ③18m ※正解③
「すごく迫力があったなぁ。」… 引き続き大仏様見学恒例の「鼻の穴くぐり」です。「通れるかなぁ。」「絶対、通ったるわ。」-「やった~、通れた。」「良かった~。」「やばっ!… こんなん通られへんわ。」 … あきらめかけていたY君も2回目は成功。良かったです。
◆ここで一句 「鼻の穴 やっとくぐれた うれしいな」

【清水寺】
「清水寺でございむぁ~す。音羽の瀧でございむぁ~す。」 ガイドさん役、Hさんの「○○でございむぁ~す。」にみんな大爆笑です。「何の水、飲もうかなぁ?」「学習」「健康」「僕は … 恋愛かな。」「え~!!」 水を飲みながら「おいしい」「おいしい」「普通の水の味がする!」 笑わせどころを心得た上手な演技です。「次は産寧坂での買い物でございむぁ~す。」「僕はお金、一万円持ってきたよ。」「私、六千円。」「僕は七千円。」「ピンポンパンポ~ン みんな五千円きっちりと持ってきています。」 きわどいセリフです。「私、京バーム買お~。」「僕は八つ橋。」「僕はお守りと最後にサングラス。」「あっ、財布落とした。映画村で使えない!」
◆ここで一句 「買い物で お金の管理 気をつけよう」

【二条城】
「ここは大政奉還が行われたところでござます。」 二条城へとやってきました。ここでM君が登場です。「大政奉還とは …」と、しっかり「大政奉還」の説明をしてくれました。賢いです。 さてクイズの出題です。二条城と言えば、あの有名な歩くとキュキュっと音がする床ですが …
【クイズ】「何張りと言うでしょう?」- ①ウグイス ②カラス ③スズメ ※正解①
「徳川家の家紋見~つけた。」 二条城から徳川家の家紋が見つかったことを受けて、「ここで2つ目の問題です。」 この班、とてもアカデミックに迫ってきます。
【クイズ】「徳川家の家紋はどちらでしょう?」- ①菊の花 ②三つ葉の葵 ※正解②
◆ここで一句 「廊下には ウグイス張りの 二条城」

【金閣寺】
金閣寺にやってきました。「きれいやなぁ。」 そこへ中国人の方と遭遇。「わぁ、中国人や。」「○△□∞」(笑)「あの金閣寺の上にあるのって何?」「知らんの?」「ここで問題です。」
【クイズ】「金閣寺の上にのっている鳥の名前は?」- ①タカ ②ハト ③鳳凰 ※③が正解
「鳳凰がついている理由はよくわかっていませんが、『将軍が出現するということをアピールするため』という説と『守り神の役割をしている』という説があります。」 クイズ2問目です。 【クイズ】「金箔にかかったお金は?」- ①一億二千万 ②七億四千万 ③百億三千万 ※正解②
「金閣寺には二十万枚の金箔が使われています。ぜひ6年生になったら見てください。」
◆金閣寺 輝く姿 美しい

【映画村】
「やった~、映画村だ!」「お化け屋敷へ行こう。」「怖いくない?」「大丈夫、行こう。」 と話がまとまり、3人はお化け屋敷へと入って行きます。「三百円です。一度入るとリタイヤできません。」「は~い」「では、中へお入りください。」 中に入るとテレビが出現「うわっ、テレビがある。」「(テレビに映し出された人から)一度入ったらリタイヤできない。じゃぁ、中に入ってくれ!」 怖くて仕方のないKさん。そこへお化けが登場。思わず走って逃げ出してしまうKさんに対して「ハ~シ~ル~ナ~」と話しかけてくるお化け。「うわ~!」 とうとう倒れてしまうKさん。その大胆な倒れ方にみんな大爆笑。… 「怖かったけど楽しかったなぁ。」
◆映画村 お化け屋敷は 怖すぎる

全6班の発表が終わったところで、ひな壇へと全員集合。2人の児童から …
「僕が1番心に残ったところは金閣寺です。その訳は、金がいっぱいで、とてもきれいだったからです。」「私が1番心に残ったところは二条城です。その訳は、昔作られたとは思えないほど美しかったからです。」と今回の修学旅行で最も心に残ったところを発表してくれました。

今回の6年生の発表は、期待以上の素晴らしい発表となりました。前後には、全体の説明や心に残ったところが述べられ、班別発表では、大変テンポ良く進められているにもかかわらず、説明するところやクイズの出題などは、大変明瞭でわかりやすい言い方になっていました。さらに笑いをさそうシーンでは、大胆であったり上手にタイミングを図っていたり、演技のうまさも光りました。立派に成長してくれた6年生のみなさん。素晴らしい発表をありがとう!

  • 「英語活動」外国の方は優しかった

  • 「奈良の大仏」鼻の穴をくぐりました

  • 「清水寺」帰りの買い物は楽しかった

  • 「二条所」すごい厳かな雰囲気でした

6年「学年発表集会(修学旅行)」 写真続き

2019年11月26日

  • 「金閣寺」聞きしに勝る美しさでした

  • 「映画村」お化け屋敷は怖過ぎでした

  • 最後に 心に残ったところを発表

  • 他の学年からの感想を聞きました

芸術鑑賞会「このゆびと~まれ」(公演団体:劇団風の子九州)

2019年11月26日

文化庁が行っている「文化芸術による子どもの育成事業」とは、「一流の文化芸術団体による巡回公演を行い、小学校・中学校等の子どもたちに、質の高い文化芸術を鑑賞・体験する機会を確保する」ことを目的に行われている本当にありがたい事業です。今年度は「劇団風の子九州」の皆様による「このゆびと~まれ」の演劇鑑賞を実施することができました。またこの事業は、公演団体に対して「公演を実施する学校の児童・生徒たちのためにワークショップを開催する」ことが義務づけられており、本年度は9月9日(月)に、「劇団風の子九州」の皆様にお越しいただき、6年生を対象に演劇ワークショップを開催していただきました(9月9日 HP参照)。今日の演劇鑑賞会本番では、そのときに練習した成果を発揮して6年生たちも主演。役者ぶりを発揮しました! それにしてもて「劇団風の子九州」の皆様による演劇の素晴らしかったこと!

芸術鑑賞会「このゆびと~まれ」(公演団体:劇団風の子九州)その1

2019年11月26日

物語の主人公の名前はヒロ。空想するのが大好きな小学校4年生。お父さんは入院中で、お母さんは仕事の帰りが遅いため、近所に住まれている、おばあちゃん(スエコさん)とおじいちゃん(ギンゾウさん)に面倒をみてもらっています。3人は何でも話し会える素敵な間柄。それにスエコさん家が飼っている、元気な犬のテツも大切な仲間です。

「落ちる~! どこかに … 落ちる~!!」と衝撃的な場面で演劇は開始。ヒロと友だちが落ちていったところは、宝探しにやってきた洞窟の中でした。「やった~、これで宝探しができる。」と大喜びの2人。そころがそこへ不気味なコウモリ軍団がやってきて、「バサバサバサ~」っと2人に襲いかかります。実はこの中に本校の6年生、7名がいます。きちんと動きを覚えて、走り回ったりどこかに止まったり … 物語のオープニングをしっかりと務めることができました。
さて、ヒロがコウモリ軍団の攻撃に耐えながら逃げてきたのは、お世話なっているスエコさんの家の中。… あれ? な~んだ、今のはヒロの洞窟探検の空想の世界だったのか …
演劇では、スエコさん家のみんなの様子が、楽しくおかしく演じられます。犬のテツも面白い動作で児童たちを笑わせます。演劇開始後、わずか数分、すごい演技力に児童たちは釘付けです。

場面はヒロが通っている学校の教室の中。ヒロは、モモカ、リュウノスケ、マモルといったクラスメートたちと一緒に掃除をしたり勉強したりしています。ヒロは遊びが大好きですが、勉強は得意ではありません。マモルは勉強がよくできる秀才で、この日も先生から出される算数の小数点の問題を、誰よりも速く答えていきます。「なんでこんな問題ができないんだ?」とみんなを見下すマモル。そんな教室の中で、この日の放課後、大事件が起こります。先生から優秀作品に選ばれたモモカの作文を、何と! マモルが引き裂いて破ってしまうのです。
「僕は、何でも1番じゃないといけないんだ。そうでないと、お母さんに … 叱られる。」

忘れ物を取りにたまたま教室に戻ってきたことにより、事件の真相を知ってしまうヒロ。ヒロが破られた作文を手にしているのを見て「やったのはヒロだ」と決めつけるリュウノスケ。真相がお母さんにバレるのをひたすら恐れるマモル。そんな状況の中、ヒロは「マモルがやった」とは誰にも言わずに、翌日、モモカに「ごめんなさい」と謝ってしまいます。「友だちでも何でもないのに、なぜなんだ?」… マモルにはそんなヒロの行動がどうしても理解できません。

◆マモルが歌っていた挿入歌◆
いつからだろう 靴を見ながら歩く
いつの日も いつの日も 新品の靴
今日こそ 今日こそ 靴を見ないで歩きたい
僕がダメだから 僕ができないから 困らせてしまう
僕がダメだから 僕ができないから 笑ってくれないの … お母さん …

そんなマモルを、ヒロは無理矢理スエコさんの家に連れてきます。そしてマモルは、これまで経験したことのない、粗雑ながらも温かな人の心にふれることになります。
ヒロから逃げようとするマモルをどこまでも追いかけるヒロ。生まれて初めて泥だらけになったヒロの靴。「ヒロはヒーローのヒロ、マモルは約束を守るのマモルだ。(ヒロ)」
駄菓子を投げ捨ててしまったマモルに、戦時中のひもじかった頃の話をしながら、心を込めてマモルを叱りつけるギンゾウさん。「塾があるから」と家に帰ろうとする際、つい駄菓子を盗んでしまったマモルに対して優しい言葉をかけてやるスエコさん。「塾より大切なものがあるよ。」
とうとうヒロの部屋の中まで連れて来られたマモルは、これまで見たこともないような遊び道具がいっぱいあるのに驚きます。自家製のモグラたたき、ブーブークッション、びっくり箱 …

物語は、どこまでも天真爛漫で落ち込むことを知らないヒロの魅力的な姿、それに、スエコさんやギンゾウさんの人間らしい優しさを、見事なシナリオと素晴らしい演技力で表現されながら、かたくなに心を閉ざしていた少年マモルが、次第に笑顔あふれる生き生きとした姿へと変化していく様子を感動的に描き出していきます。ヒロがさし上げた人さし指、「このゆびとーまれ」 マモルはしっかりと握りしめました。児童・保護者の皆様・教職員たちみんなが、夢中になって物語の行方を見守る中、いよいよ壮大なクライマックスのシーンを迎えました。

  • ヒロの空想の洞窟探検 6年生出演 頑張れ!

  • 少々乱暴でも 心のきれいな人ばかり「わん」

  • 学校でも ヒロのイタズラは止められません

  • 秀才マモルの秘密の行動を見てしまうヒロ

もっと見る

このページのトップへ戻る