取組

東京西脇多可の会へのお誘い

関東にお住まいの方へ

趣旨

ふるさとを離れ、東京やその周辺に住まわれ、ご活躍されている方々がたくさんいらっしゃいますが、顔を合わせたり、お知り合いになる機会が少ないというのが現状ではないでしょうか・・・ 
 「東京西脇多可の会」は、ふるさとへの愛着と誇りを一層深め、郷土の発展に寄与するとともに、会員相互の親睦と情報交換の場を設け、連帯意識の向上を図ることを目的としています。 

 

設立の経過

平成7年12月に元西脇小学校堀口安次郎校長のご長男・堀口勝稔さんを中心とする8名の方々が発起人となり、ふるさとを離れ、東京を中心とする関東一円でご活躍の皆さんに加入を呼び掛けられ「東京西脇会」が発足しました。初代会長は竹内日出男さん(西脇)、2代目が丸岡將泰さん(多可)、現在、小澤豊彦さん(西脇)が就任され、約185名の会員相互の親睦を深めています。
 そして、平成25年1月より新たに「多可町」も加わり、「東京西脇多可の会」へと発展・改名し、現在、多可町ご出身の方へお誘いの案内をしています。 

主な事業

主に、会員親睦会や交流事業、西脇市、多可町及び会員相互の情報提供を行っています。
   ★東京で年に1回の総会と懇親会を開催
   ★地元の情報提供として広報紙(西脇市または多可町)を毎月郵送
   ★必要に応じて、親睦行事を開催 


総会・懇親会には地元西脇市長・多可町長をはじめ、議会議長、地元経済界の代表のほか、地元選出の国会議員や兵庫県幹部職員など、多くのご来賓が出席されます。
 懇親会では、地元特産品などが当たる抽選会や落語、演奏会などのアトラクションが催され、会場は大いに盛り上がります。 


■その他にこんなことも…

郷土出身の元プロボクサー長谷川穂積選手の世界タイトルマッチが日本武道館で開催された時は、会員で長谷川穂積選手を応援しようと企画。地元からの応援団とともに、大きな声援を贈りました。こういった事業も随時実施します。

 

入会の手続きやお問い合わせ先

事務局は、多可町役場・企画秘書課に設置します。
入会方法は「東京西脇多可の会加入承諾書」(doc) (pdf)
に必要事項をご記入の上、下記事務局まで送付してください。ご不明な点がございましたら下記までお気軽にお問い合わせください。
※入会金(年会費)は 2,000円です。

東京西脇多可の会会報

お問い合わせ先

東京西脇多可の会・多可事務局
   多可町役場 企画秘書課 Tel : 0795(32)2381 Fax : 0795(32)2349
                 Email : kikaku@town.taka.lg.jp