予防接種

骨髄移植後等による予防接種の再接種費用助成事業

 骨髄移植等を行った場合、これまでの定期予防接種で獲得してきた免疫が低下もしくは消失し、感染症に罹患する頻度が高くなる可能性があります。
 そこで、条件に該当する人に対し、予防接種の再接種にかかる費用の全部または一部を助成します。

<条件>
助成対象者(被接種者)が、次のすべての条件を満たしていること
予防接種日において町内に住所を有しており、かつ20歳未満であること
②次に掲げる造血幹細胞移植を受けていること
 (1)骨髄移植
 (2)末梢血幹細胞移植
 (3)さい帯血移植
③医師が再接種の必要性を認めていること(医師が記入した理由書の提出が必要です。)
④助成対象者及び助成対象者と同一の世帯に属する者の、申請しようとする月の属する年度(4月から6月までの場合にあっては前年度)分の市町村民税所得割額の合算が23万5千円未満であること。(判定に用いる市町村民税所得割額は、住宅借入金等特別税額控除、寄附金税額控除をする前の額です。)

<対象になる予防接種>
次の両方を満たしていること
(ア)骨髄移植等を受ける前に接種した定期予防接種
(イ)令和2年4月1日以降に再接種を行った予防接種

<助成額>
実際に再接種に要した費用または当該年度に町が西脇市多可郡医師会と締結した予防接種委託料(消費税含む)のいずれか低い額
※抗体検査料や医師が記入する理由書等の文書料は対象外です。

<申請>
印鑑と母子健康手帳又は予防接種歴が確認できるものを持参のうえ、健康課窓口にお越しください。

<その他>
この事業を利用して受けた予防接種は「任意予防接種(本人の意思に基づいて行われる予防接種)」になります。
万が一予防接種による副反応等が生じた場合は、補償内容が「定期予防接種(法令に基づいて行われる予防接種)」とは異なりますのでご了承ください。

 

<問合せ先>
健康課 0795-32-5121