予防接種

高齢者肺炎球菌予防接種

肺炎球菌感染症は頻度が高く重症化しやすい感染症です。高齢者や基礎疾患のある人は、肺炎に罹患した場合に重症化のおそれが高いと言われています。肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防するワクチンではありませんが、肺炎の罹患や重症化の予防が期待されています。

高齢者肺炎球菌(定期)

<対象者>
①令和2年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、90歳、95歳、100歳になる人
②満60歳以上65歳未満の人で、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に重度の障がいがある人

※過去に公費・自費に関わらず、肺炎球菌ワクチンを受けたことがある人は対象外です

<接種期間>
令和2年4月1日~令和3年3月31日

<接種費用>
4,000円
※生活保護世帯に属する人は、無料で接種していただけます。申請はアスパル健康課の窓口で受け付けますので、印鑑を持参してお越しください。(施設の方等が代理で申請されるなど、申請者と接種者が異なる場合は、それぞれの印鑑が必要になります。)
※申請書は「予防接種に関する各種申込書」のページからもダウンロードできます。

 

高齢者肺炎球菌ワクチン接種助成

<助成対象者>
接種日において多可町に住所を有し、次に該当する人
ただし、令和2年度定期接種対象者及び過去に定期接種で接種した人は除く
①内部障害の身体障害者手帳を有する人
②基礎疾患を有する65歳以上の人

<助成回数>
1回

<助成額>
4,000円(助成額を超える分については自己負担)
※生活保護世帯に属する方は申請により無料で接種していただけます。
 

問合せ先

健康課 0795-32-5121