建設

ご自宅のブロック塀の点検をしましょう

平成30年6月18日の大阪北部を震源とする地震において、コンクリートブロック塀の倒壊による被害が発生しました。
ご自宅のブロック塀は安全でしょうか?塀の所有者は、維持管理を行い適切に保つ必要があります。特に、道路沿道のブロック塀は、その地域に住む人々の安全や避難などに大きく関わる問題です。
まずは、ご自身が所有する自宅のブロック塀に関して、「ブロック塀の点検のチェックポイント」により自己点検をしてみましょう。また、定期的に点検を行い、このような事故が起きないよう、地震に備えることが大切です。

危ないコンクリートブロック塀の例

1.塀が高すぎる(2.2メートルを超えるかどうか)
2.控壁(ひかえかべ)がない
3.基礎がない
4.塀が傾き、ひび割れがある

上記のうち、1つでも該当するものがあれば、補修や撤去等をご検討いただく必要があります。
ご不明な点がございましたら、建築士などの専門家に相談いただくか、下記の相談窓口に相談してください。


→ 「ブロック点検のチェックポイント」 <PDF

→ 「建築物の既設の塀に関する相談窓口」 兵庫県ホームページ

 

問合先

建設課 TEL:0795(30)0855