高齢者福祉

認知症サポーター養成講座 受講募集のご案内

 「認知症」は誰にでも起こりうる脳の病気です。
 85歳以上になると、4人のうち1人に認知症の症状があると言われています。
 多可町では、認知症になっても誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指して、認知症を正しく理解し、認知症の方やご家族を支援するための講座を開催しています。
 おおむね10人以上集まっていただければ申し込みできます。ぜひ、集落、職場、学校、友達同士など、一緒に受講してみませんか。

認知症サポーター養成講座とは・・・

 集落、職場、学校、友人同士など10名以上の団体を対象に、キャラバン・メイト(専門職などの講師役)が出向き、認知症の基礎知識や対応の方法、サポーターの役割についてDVD上映なども交えて講義を行います。講座は1時間~1時間30分で、受講料は無料です。                   

認知症サポーターとは・・・

 何か特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。
 認知症サポーター養成講座を受講いただいた方が認知症サポーターとなり、シンボルグッズであるオレンジリングをお渡しします。


オレンジリングは、認知症の人を支援しますという意志を示す目印です

 

問合せ先

 ぜひ受講してみたいという方は、お気軽に福祉課地域包括支援センターまでご相談ください。
地域包括支援センター
TEL:0795(30)2525(直通)