予防接種

高齢者インフルエンザ予防接種

 インフルエンザの典型的な症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、普通の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。時に気管支炎や肺炎などを併発し重症化することもあります。特に65歳以上の高齢者や慢性疾患患者がかかると入院や死亡の危険性が高まるといわれています。インフルエンザワクチンを接種しても、インフルエンザに罹患することを100%防ぐことはできませんが、重症化防止には高い有効性があります。

高齢者インフルエンザ予防接種

<対象者>
①予防接種日に満65歳以上の者
②満60歳以上65歳未満の人で、心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活動作が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者

<接種期間>
令和元年10月15日(火)~令和2年1月31日(金)
※令和元年度の高齢者インフルエンザ予防接種は終了しました。令和2年度は詳細決まり次第お知らせします。

<自己負担金>
なし

<接種医療機関>
北播磨管内の協力医療機関(三木市・小野氏・加東市・加西市・西脇市・多可町)

※入院や施設入所などで上記の医療機関での接種が困難な場合は、申請により町長の承認を得ることで他の医療機関での接種が可能になります。申請書は「予防接種に関する各種申込書」からダウンロードできます。

<その他>
 接種の際には、他の予防接種との接種間隔にご注意ください。例えば、「高齢者肺炎球菌予防接種」との間隔は、接種した日の翌日から起算して6日以上空けてください。
(月曜日に肺炎球菌ワクチンを接種した場合は、次週の月曜日以降に接種が可能になります。)

 

問合せ先

健康課 予防接種担当 TEL:0795-32-5121