障がい者福祉

日常生活用具

制度の概要

在宅の重度の心身障害者(児)の日常生活を容易にするために必要な特殊寝台、特殊マット、入浴補助用具などの用具を給付します。なお、原則1割負担ですが、世帯の所得状況に応じ、上限額が設けられます。
※世帯とは、障害者本人および配偶者(18歳未満は住民票上の世帯)を指します。

日常生活用具の種目

種類 種目
介護・訓練支援用具 特殊寝台、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器など
自立生活支援用具 入浴補助用具、頭部保護帽、歩行補助杖(T字、棒状のつえ)、特殊便器、聴覚障害者用屋内信号装置など
在宅療養等支援用具 透析液加温器、ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器など
情報・意思疎通支援用具 携帯会話補助装置、点字ディスプレイ、視覚障害者用ポータブルレコーダー、視覚障害者用拡大読書器、地デジ対応ラジオなど
排泄管理支援用具 ストマ装具、収尿器、紙おむつ
居宅生活動作補助用具 居宅生活動作補助用具(手すり、スロープ等で設置に小規模な住宅改修を伴うもの)

月額上限額

区分 世帯の収入状況 月額負担上限額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得1 市町村民税非課税世帯で、サービスを利用するご本人の収入が80万円以下の人 0円
低所得2 低所得1以外の市町村民税非課税世帯 0円
一般 市町村民税課税世帯 37,200円

手続きに必要なもの

・申請書
・手帳
・印鑑
・給付を受けたい用具の名称・数量

担当窓口

福祉課 ☎:0795(32)5120