新しいコーナーを設けました

2013年07月17日

今日,『児童館周辺の生きものたち』と題する写真コーナーを設けました。図書室入口の壁面を利活用したものです。児童館にはたくさんの子どもたちが訪れます。放課後児童クラブで過ごす子どももたくさんいます。子どもたちは生きものに目を輝かせます。見つけると,積極的に報告もしてくれます。そんな子らの動きと,生きものとのつながりを記録するのはとても値打ちのあることです。さて,児童館の周りにどんな生きものがすんでいるでしょうか。

  • 写真にはすこしのメッセージを添えて。

『コミバス体験 中級編』第4回企画会議

2013年07月13日

企画スタッフに応募した子どもたちが自ら行き先,訪問先を考えて,ルートを決定。利用する交通手段はコミバスを含めた公共交通機関。行き先は町外。実施に向けた企画会議を重ねること,今回で4回目を数えます。今日は,ルートを実際に下見し,参加する子ら(全員で20名の予定)への対応やツアーの心得などについてチェックしました。本番は8月1日(木)。それまでにもう一度企画会議を行い,企画実施に向けた準備を整えます。参加予定の皆さん,おたのしみに!

  • 訪問先の方と事前打ち合わせ。

野菜がどんどん大きくなって……

2013年07月06日

親子野菜作り体験をなさっている家庭は6つ。それぞれのご家庭に,畝(うね)を一つずつ担当いただいています。その他,共同で植え付けと世話をしていただいている畝が8つ。担当畝には,5種の野菜を3本ずつ植えています。種類は,トマト,ナス,キュウリ,トウガラシ,ピーマン。それぞれ,今が収穫の最盛期。雨が降ると,たった一日でビックリするほどの成長ぶりです。

  • ジャガイモやらキュウリやら。

  • 野菜が茂っている感じです。

  • おいしそうな色!

  • まっすぐに伸びた実。

児童館の自然

2013年07月04日

田舎の,この土地ならではの環境恵まれた児童館。緑一面の景色,遠望できる峰と青い空,おいしい空気。今夏のグリーンカーテンは,アサガオとツルムラサキの二つ。アサガオが支柱を巻き上っています。芝生の庭でネジバナが花を開いています。すぐ脇に植えているヤマモモの木に,実がどっさり生りました。今年も子どもたちが,熟れるのを心待ちにしていました。

  • もうすぐ花を付けるでしょう。

  • ニョキニョキッとネジバナが。

  • おいしく熟れたヤマモモ。

野菜作りをしよう ~ジャガイモの収穫 その2~

2013年06月29日

午前の部に参加できなかったご家族は,午後に作業。お父さん・お母さんを入れて一家総出でお越しいただきました。こういうふれあいタイムを提供できるのもこの事業のよさです。「よいしょ,よいしょ」「あっ! 大きなイモだ」「卵型だ」「カエルが出てきたよ」「幼虫だ。何の幼虫かな」。そんなふうに,会話が飛び通いました。収穫も十分。今夜のおかずになるでしょう。

  • 「スコップは,こうやって使うの?」「そうそう」

  • 「大きいイモだ!」

  • 「種イモがこんなふうに皮だけになっているんだね」「芽が育つ栄養分に使われたんだね」

  • 「カナブンの幼虫って,土の中にいるんだね」「堆肥を入れたでしょう。すみ心地がいいんだね,きっと」

野菜作りをしよう ~ジャガイモの収穫 その1~

2013年06月29日

栽培園でジャガイモ(メークイン)の収穫をしました。朝から快晴で,炎天下での作業になりました。どれだけ,そしてどんな大きさのイモが入っているか,どきどき,わくわく。
はじめに,館長が見つけてきたジャガイモの実を観察。それ続いて,掘りました。スコップを手に「よいしょ,よいしょ」と掘り上げていきました。雨の少なかった割りには,出来がよかったようで,大きめのイモがたくさん。みんな大喜びです。
一部は8月の宿泊体験教室用の食材として残し,残りを分け合いました。今晩は,話題に花が咲き,楽しい夕食時になるでしょう。おみやげはジャガイモの実。今冬実生に挑戦するご家庭が出てきそう

  • 「ジャガイモの実は,ミニトマトとそっくりやね」

  • 「よいしょ,よいしょ」「大きなイモや!」

  • 「ミミズも幼虫もいるよ」

  • 「大きなイモができて,よかったね」

おもしろ科学教室 ~入浴剤を作ろう~

2013年06月22日

会場は八千代西小学校。参加者は10名。

モノとモノを混ぜて新しいモノを作るのは,化学の第一歩。台所にあるモノに着目して,酸とアルカリに分類。梅干,レモン,酢,マヨネーズ,重曹,……。酸を,錆びた10円玉に付けて光らせました。その威力にみんなびっくり。それを舐めて,酸っぱさを体験。この酸っぱさをアルカリで消して,また舐めました。酸の力がずいぶん弱くなっていることを納得。

さあ,いよいよ入浴剤作り! 材料はクエン酸(酸),重曹(アリカリ),グリセリン,食紅。はかりで適量を量って,ビニル袋に入れて混ぜ,型に入れました。わくわくする時間が流れていきました。

「この形がなくなるなんて,もったいない!」なんていう声も出てきました。夜の入浴風景が浮かんでくるようです。

  • 「もう少し入れてね」「うん」

  • 「わぁー,きれいや」「かわいいクマさんやね」

出前『おもしろ科学教室』 ~スライムを作ろう~

2013年06月15日

多可町図書館で図書館まつりが行われました。施設間連携を進めながら,住民の皆様により充実したサービスを提供しようというねらいで,出前教室を実施。内容は『スライムを作ろう』。材料が少し残っていたので,その分を使って作ろうというわけで,出かけました。
蓋を開けてみると,なんという盛況ぶり! 近隣の市からの参加者もありました。うれしい限りでした。ところが,すぐに材料がなくなりました。それでたくさんの方にお断り申し上げなくてはならなくなりました。次回するときは,材料がもっとあるモノ作りを企画しようと思います。これに懲りずに,ご参加くださいね。

  • 「こうやって混ぜるんや」「きれいな色や」

  • 「気持ちいい!」

『コミバス体験 中級編』第3回企画会議

2013年06月08日

今回で企画会議は3回を数えます。次第に,ツアーの中身が整ってきました。この日は日程の確認,訪問先の活動などを検討しました。グループで行動するとき,時刻を何で確認するか,それについても考えました。スタッフの心では少しずつわくわく感が高まっていきます。

  • 「このバス停で降りるんだよ」「そうそう」

おもしろ科学教室 ~ジャンボレインボー万華鏡を作ろう~

2013年04月27日

『おもしろ科学教室』では,直接学校では学ばない内容でありながら,日常で見かけるなにげない“?”,「そういえば一度は作ったり考えてみたりしたいなあ」と思う“テーマ”を取り上げています。

4月の会場はみなみ児童館。内容は,『ジャンボレインボー万華鏡を作ろう』と題して大型万華鏡を製作しました。万華鏡は誰にとってもたのしい工作物なので,過去一年で二度も取り上げました。

参加者は,欠席者もあってひとり。科学大好き少年がやって来ました。もうひとりは,科学教室で毎回手伝ってもらっている町内中学生ボランティア。

今回はボランティアの中学生にも作ってもらいました。2人と担当者,合計3名でいろいろたのしい語らいをしながら,科学のおもしろさを話しながら製作。筒は紙を巻いていた心材。リユース活用しました。サイズは直径(外径)5.5cm,長さ31cm。レインボーと命名したのは,カラーマジックで虹模様のプラスティックを描いた部品を入れるからです。

こつこつ作業を進めること2時間。なんともすてきな作品が完成! 自分だけの宝物が出来上がりです。

これからもたのしいテーマを取り上げる予定です。たくさんの皆さんに来てほしいな。お待ちしています。

  • 「万華鏡って,ふしぎだね」「ほんとうね」

  • 「わぁー! 虹色だ!」 

このページのトップへ戻る