住まい

人生いきいき住宅助成事業

高齢者及び障害者が、住み慣れた住宅で安心して自立した生活を送ることができるよう、高齢者等に対応した住宅のバリアフリー化改造等に要する経費の一部を助成します。

人生いきいき住宅助成事業には、次の3つのタイプがあります。

①住宅改造・一般型
対象世帯 ●高齢者(65歳以上)のいる世帯
・生計中心者が給与収入のみの者で給与収入金額が、800万円以下の世帯
・生計中心者が給与収入のみ以外の者で所得金額が、600万円以下の世帯
補助要件 ・耐震診断の実施
・必須工事 3カ所以上の改造(箇所ごとに助成対象工事費の限度額があります。)
工事費ごとの
助成額
助成対象工事費 助成額
7万5千円以上15万円未満 4万円
15万円以上30万円未満 7万5千円
30万円以上60万円未満 15万円
60万円以上90万円未満 25万円
90万円以上 30万円
※工事費7万5千円未満は助成対象外

②住宅改造・特別型
対象世帯 ●介護保険制度の要介護または要支援の認定を受けた被保険者のいる世帯、または身
 体障害者手帳・療育手帳の交付を受けた者のいる世帯
・生計中心者が給与収入のみの者で給与収入金額が、800万円以下の世帯
・生計中心者が給与収入のみ以外の者で所得金額が、600万円以下の世帯
(介護保険制度などの住宅改修と一体的に行うものとします。)
補助要件 ・耐震診断の実施
・住まいの改良相談員の承認(個所ごとに限度額があります。)
工事箇所ごとの
助成対象限度額
浴室・洗面所 45万円
便 所 24万円
玄 関 18万円
廊下・階段 16万円
居 室 19万円
台 所 16万円
助成対象限度額 介護保険制度などの住宅改修費とあわせて100万円/世帯
助成率
(収入等により
異なります。)
生活保護法(昭和25年法律第144号)による
被保護世帯(単給世帯を含む。)
3/3
生計中心者が当該年度分町民税非課税の世帯 9/10
生計中心者が前年分所得税非課税で、
当該年度分町民税均等割のみ課税の世帯
9/10
生計中心者が前年分所得税非課税で、
当該年度分町民税所得割及び均等割課税の世帯
2/3
生計中心者が前年分所得税課税で、
所得税額が7万円以下の世帯
1/2
生計中心者の前年分所得税額が7万円を超えるの世帯 1/3
※ただし住宅改造・一般型で定める所得を超える者を除く。

③増改築型(一般型または特別型と一体的に実施するものです)
対象事業 高齢者(65歳以上)または身体障害者らに配慮した既存住宅の改造で増改築を伴う
もの
対象世帯 一般型もしくは特別型の対象世帯、およびこれらの者と同居しようとしている世帯
補助要件 住まいの改良相談員の承認
浴室・洗面所、便所、高齢者等のための寝室およびそれらを結ぶ経路について、住宅
改造・一般型の必須工事の内容を備えた住宅に改造するもの
助成対象限度額 150万円/世帯(助成率 1/3)

助成申請及び実績報告について

 
申請窓口 福祉課
申請期間 当該年度4月~12月末、工事完了報告は当該年度2月末までになります。ただし、予算の範囲内で実施するため、予算がなくなり次第申請受付を終了しますので、事前に確認してください。
申請書類 人生いきいき住宅助成事業助成金交付申請書(Word)
工事見積書(一般型)(Excel)工事見積書(特別型)(Excel)
・工事費の見積書(明細)
・工事図面
工事承諾書(所有者と対象者が異なる場合)(Word)
助成金等の受領に関する委任状(申請者と助成金等の受取人が異なる場合)(Word)
世帯の所得・課税状況等を証する書類(Word)
・工事予定箇所の工事前の写真(撮影日のあるもの)
・住宅改修が必要な理由書(介護保険制度と一体的に実施する場合)
実績報告書類 人生いきいき住宅助成事業実績報告書(Word)
・工事費請求書及び内訳書(明細)
工事請求書(一般型)(Excel)工事請求書(特別型)(Excel)
・領収書原本及びその写し(※原本は確認後返却します)
・工事図面(完成後)
・工事完了箇所の工事後の写真(撮影日があるもの)
耐震診断 昭和56年5月以前に建築された戸建住宅においては、耐震診断(簡易耐震診断)が助成要件となります。簡易耐震診断を受けられる場合は、問い合わせてください。
備考 着工前に多可町に助成金交付申請書を提出して、助成決定を受けてください。
(助成決定前に着工したものは助成対象となりません。)
着工前に住まいの改良相談員等による立会を行います。
助成金の支払いは、工事が終了して市町の担当職員等が完了検査をした後になります。

問合せ先

福祉課 ☎:0795(32)5120