くらし・手続き

ご注意ください。水道管の凍結

 
氷点下になると水道管が凍結し、水が出なくなったり水道管や水道メーターが破損したりする恐れがあります。早めに防寒対策をしましょう。特に、低温注意報などが出たときは気をつけましょう。
 
■凍結しやすい水道管とは
 ・屋外にある
 ・北向きの所にある
 ・風当たりの強い所にある
 ・管がむき出しである
 

■凍結を防ぐには
【水道管や蛇口を保温する】
 布切れや毛布、専用の保温材を巻き、ぬれないように上からビニールテープをすき間なく巻いて保温する。
 【水道のメーターボックスを保温する】
 もみ殻などの保温材をビニール袋などに入れ、水道メーター・止水栓を保護する。(メーターのふたが見える程度が目安)。
 ※雨水で保温材がぬれるようだと効果がありません。
 【出し水をする】
 浴槽などに少量(1分間に200cc程度)の水を流しておく。
 ※水道代は掛かります。
 
■凍結して水がでないとき
蛇口や水道管に直接熱湯を掛けず、タオルか布をかぶせ、ぬるま湯をゆっくり掛けて溶かしてください。また、程度が軽い場合は、ドライヤーで温めても効果があります。
 
■水道メーターの点検
水道管の老朽化や凍結などが原因で、気づかないうちに見えないところで水漏れしていることがあります。使っていないのに水道メーターが回っていないか時々点検をしてください。
点検方法は、まず家中の水道の蛇口を全て閉めてからメーターを見てください。メーターの中にある赤色の星型か赤い針が動いていれば水漏れの可能性があります。
 
■もし、水漏れしていたら
メーターボックス内のバルブを閉め、水を止めて、すぐに町指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
※水漏れによる水道料金減免制度(当該年度内一度限り利用可能)がありますので、ご利用ください。
 
■問合先
上下水道課  TEL:0795(32)2815