カテゴリから探す

【 たか歩き/052 】写真展撮影/アサギマダラ&なか・やちよの森公園「稲刈り・稲木かけ」を撮影(2021年10月19日)

地域おこし協力隊がカメラ片手に多可町を歩き、その様子をリポします

太陽も収穫の様子が見たかった?


こんばんは。たかおこし隊の黒川です。
急に寒くなりましたね。
まだ冬用の布団を干せてなくて、風邪気味の方も多いのでは。
ご自愛ください。



加美区の森に睡る
アサギマダラ


先週はラベンダーパーク多可でアサギマダラを撮影しました。


 



花壇に咲くフジバカマの蜜を求め、パークに降り立ったのは4年前。1000km以上の長旅の中継点として、兵庫県多可町加美区の森を寝床にしているそうです。

 



アサギマダラといえばミュシャの版画のような羽と、草間彌生の作品を髣髴とさせるボディの斑点が特徴。流行りに乗っかって言えば、『鬼滅の刃』の登場人物・胡蝶しのぶのモチーフですね。

 



実は空をバックに撮りたかった。でも、ぼくの技術と機材、写真運では無理でした。悔しい……っ

「多可町の森の人」写真展には、もう少し動きがあるアサギマダラの写真を展示予定です。





 

「集うグループ」主催

稲作シリーズ3 稲刈り
 

 

17日の日曜日は、なか・やちよの森公園・集うグループさんの活動「稲作シリーズ3 稲刈り」を取材しました。

 


 



タイトルの通り、この日に行われたのは稲刈り。公園の田んぼは「1/5反」あり、「もち米がだいたい50キロ採れます」とボランティアさん。

 



収穫前、鹿にやられたそうで、「すこし減りました」と残念そうでした。でも、雨予報だった空に太陽が昇り、絶好の稲刈り日和。

 


 


 



はるばる神戸から参加されたご家族など、参加者・ボランティア・スタッフが田んぼに立ち、腰を落としながら手鎌でもち米の稲を刈り、稲木がけを行う様子を撮影させていただきました。

 



 


 



写真展では動きのある場面や子どもたちのいい表情、集合写真を展示予定です。


 



みなさま、取材のご対応ありがとうございました。



 

リンク

ラベンダーパーク多可 公式ホームページ
 ・公式 Instagram
 ・公式 Twitter

なか・やちよの森公園 公式ホームページ

 
 
 

(2021年10月19日)

連載【 たか歩き 】

▼「たか歩き」バックナンバー
https://www.town.taka.lg.jp/aruki/
多可町地域おこし協力隊・黒川直樹が取材記事や製作・SNS関連のノウハウ、多可町暮らしのあれこれを発信しています。
散策的なエッセイを目指していたのですが、近ごろは走行距離が増加。思いがけない長距離走に酸欠状態が続き、足腰がふらつくので、迷走が近いかもしれません。
取材・撮影・執筆:黒川直樹(多可町地域おこし協力隊(たかおこし隊) )

▼「たかおこ誌」
多可町地域おこし協力隊の広報誌

【たかおこ誌.01創刊号を発行! WEB版もあります(2020年12月28日)
【たかおこ誌.02】第2号を発行! WEB版もあります(2021年3月1日)
【たかおこ誌.03】第3号を発行! WEB版もあります(2021年6月1日)