カテゴリから探す

【 たか歩き/035 】佐藤ファミリーインタビュー「家族時間を充実させた移住生活」(2021年5月17日)

地域おこし協力隊がカメラ片手に多可町を歩き、その様子をリポします

のびのび子育て


 

今回、多可町がPRの一環としてラッピングバスを走らせることになり、筆者がバスのデザインや特設サイトを制作。そのシンボルを担っていただいたのが佐藤ファミリーです。


 



佐藤ファミリーは移住者とUターンのご夫婦。夫・恭平さんは明石市、妻・里奈さんが多可町のご出身です。2019年、神戸市垂水区から多可町に移住。現在は端整なログハウスで3人のお子さんと暮らしています。


里奈さんいわく「ちょうどいい田舎」の多可町を舞台に、子どもたちだけで焚火? 夜の山で鹿を追いかける5人組? リアルどうぶつの森ライフ? 山間の町ならではの生活を満喫しているご様子。しかも、ここ最近はお子さんにも大きな変化が現れたようで ―― 

移住者的感覚と地元民の視線が織なす、ほのぼのインタビュー! 田舎暮らし、多可町ライフのエピソード満載でお届けします。

  

インタビューページはこちら!
https://raku-taka.com/article/sato-family/




(2021年5月17日)

連載【 たか歩き 】

▼「たか歩き」バックナンバー
https://www.town.taka.lg.jp/aruki/
多可町地域おこし協力隊・黒川直樹が取材記事や製作・SNS関連のノウハウ、多可町暮らしのあれこれを発信しています。
散策的なエッセイを目指していたのですが、近ごろは走行距離が増加。思いがけない長距離走に酸欠状態が続き、足腰がふらつくので、迷走が近いかもしれません。
取材・撮影・執筆:黒川直樹(多可町地域おこし協力隊(たかおこし隊) )

▼「たかおこ誌」
多可町地域おこし協力隊の広報誌

【たかおこ誌.01創刊号を発行! WEB版もあります(2020年12月28日)
【たかおこ誌.02】第2号を発行! WEB版もあります(2021年3月1日)