カテゴリから探す

【 たか歩き/053 】秋の散策 ~つながるマルシェ・岸本拓馬さん写真展・棚田LOVER`S FES 2021(2021年10月23日)

地域おこし協力隊がカメラ片手に多可町を歩き、その様子をリポします

イベントが戻ってきました。



こんばんは。たかおこし隊の黒川です。
今日は3つの催しを回りました。


 

やちよ つながるマルシェ
@エアレーベン八千代

 



つくりたての豆腐や油揚げ、名物・豆乳ソフトクリームなど大豆製品をはじめ、多可町の特産品が買えるエアレーベン八千代

こちらの敷地でマルシェが開かれています。



 



ぼくが行ったのは13時過ぎ。この時間帯で枝豆が最後の1束、焼き芋は売り切れ寸前と、お買い物なら午前中がいいかもしれません。


 


 


 


お子さん向けの似顔絵コーナーやスーパーボウルすくいもありました。
明日、ハロウィンの仮装をしていくと、なにかいいことがあるとか??

エアレーベン八千代の豆腐類も「とうふの日価格」でリーズナブルです。

開催時間 10:00~15:00
※エアレーベンは9:00~17:00の営業
マイスター工房の巻き寿司も販売

▼地域商社RAKU 公式Instagram
https://www.instagram.com/p/CVMXpTVvdJi/?utm_source=ig_web_copy_link








 

岸本拓馬さん写真展
「ART FUNK」


 

「アスティアかさい」(兵庫県加西市)で開催された岸本拓馬さんの写真展。最終日にお邪魔しました。


●岸本さんの撮影機材
岸本さんは多可町八千代区出身の大学生です。撮影機材に興味が出たのは小学生時代。筋金入りですよね。高校で小型のデジカメを入手してスナップを始め、機材を揃えたのは大学2年生のときだったとか。



 



「アルバイトができるようになって、やっと機材が買えました。SONYがいいのかなと思うところもあったんですが、みんなSONYなので、やっぱり人と同じじゃつまらないなーと。FUJIFILMのボディにしました。いまは単焦点レンズ、広角と標準の2本で撮影しています」と岸本さん。

写真を志し、最初にFUJIのセットを選ぶあたり、センスフルですよね。

Instagramの写真もかっこいいです。


●障害者ダンスの撮影を通じ、カメラマンとして成長
岸本さんは普段、風景やモデル撮影、写真数枚を合成した作品を制作。今年の9月、加西市の職員・阿部裕彦さんとの出会いをきっかけに、障害者ダンスの撮影機会を得たのだとか。

「今年の9月、阿部さんが登壇されたZOOMの講演会に参加したんです。そこで障害者ダンスや支援団体、その活動内容などを知って、自分にもなにかできないかと思って。終わったあと、阿部さんにメールをお送りしたんです」

こうした経緯があり、岸本さんは阿部さんとミーティング。そのとき、こんなお誘いがあったそうです。

「阿部さんから『子どもたちのダンスイベントがあるから、その写真を撮って展示しませんか?』と声をかけていただいて。お役に立てるならと思って、撮らせてもらうことになったんです」



チームダンスが始まる寸前のカットは「撮れた手ごたえがありました」と岸本さん。


 

会場に展示されていた写真 ―― 飛び跳ね、ポーズを決める子どもたちの雄々しさ! パキっと解像する写像と仄かなレトロ情緒が、躍動するダンサーの動きや表情とあいまって、オリジナルな空間を立ち上げていました。


ただ、「本格的な写真展は初めて」だったという岸本さん。こんなお話も聞かせてくれました。

「9月に展示が決まり、月末から10月の頭に撮影。バタバタして、5日間の展示も今日で終わり。あっという間の出来事だったんですが、障害を持つ子どもたちがダンスをする様子や支援団体の活動、真剣さ、イベントの雰囲気などに触れられました」

カメラマンとして成長する機会でもあったようです。

「暗いステージでダンサーを撮るのが難しかったですね……激しく動くのでピタッと止めづらいし、止めようとしたら暗くなるし。撮影のポジションや角度も、もっと工夫できたと思います。貴重な経験になりました」

現在、大学4年生の岸本さんは卒論執筆の真っ最中です。テーマはInstagramで、なんと多可町のアカウントも研究対象とのこと。ぜひ成果をフィードバックしてほしいです。

写真展は今日で終わりなので、皆さんに足を運んでいただけないのは残念ですが、岸本さんの今後の活躍が楽しみです。


それにしても「ART FUNK」ってタイトル、むちゃむちゃかっこいい……。


▼岸本拓馬さん Instagramアカウント

https://www.instagram.com/tknn_07/


▼写真展「ART FUNK」会場の様子
https://twitter.com/kuroko_mode/status/1451877610145804289

▼多可町 公式Instagram
岸本拓馬さん写真展
https://www.instagram.com/p/CVSY5bJPmok/?utm_source=ig_web_copy_link





 

棚田LOVER`S FES 2021 風人の祭
@リフレッシュパーク市川



多可町で播州織を製織する笹倉織布さん。ストールやオーガニック雑貨を製造・販売する「sasakuraorifu」を運営されています。

そんな笹倉織布さんが「棚田LOVER`S FES 2021 風人の祭」というイベントに出店されるということで、多可町のお隣、市川町に向かいました。

約1年、多可町に住んで、初めての市川町。どんな場所なのか、どういったイベントか……わくわくしていました。

しかし! 

初日の今日は棚田保全・新興のシンポジウムでした。残念だぁ……(泣)


 

タイムテーブルにちゃんと書いてありました……お店や音楽イベントは明日……!



 



会場のリフレッシュパーク市川はエアレーベン八千代から車で15分。
明日、24日の日曜日は30店以上が集まるそうですし、「やちよ つながるマルシェ」から梯子されてはいかがでしょうー


▼棚田LOVER`S FES 2021 風人の祭 公式ホームページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/tanadafes/



コロナ禍。
まだまだ油断はできませんが、こうしてイベントが戻ってくると、ハレの日感が味わえて、日常にメリハリがつきますね。
秋の愉しい始まりを実感します。

 
 
 

(2021年10月23日)

連載【 たか歩き 】

▼「たか歩き」バックナンバー
https://www.town.taka.lg.jp/aruki/
多可町地域おこし協力隊・黒川直樹が取材記事や製作・SNS関連のノウハウ、多可町暮らしのあれこれを発信しています。
散策的なエッセイを目指していたのですが、近ごろは走行距離が増加。思いがけない長距離走に酸欠状態が続き、足腰がふらつくので、迷走が近いかもしれません。
取材・撮影・執筆:黒川直樹(多可町地域おこし協力隊(たかおこし隊) )

▼「たかおこ誌」
多可町地域おこし協力隊の広報誌

【たかおこ誌.01創刊号を発行! WEB版もあります(2020年12月28日)
【たかおこ誌.02】第2号を発行! WEB版もあります(2021年3月1日)
【たかおこ誌.03】第3号を発行! WEB版もあります(2021年6月1日)